シャンプーおすすめランキング / 特集 保湿シャンプー

【しっとり系】保湿力で選びたい人のシャンプーおすすめランキング

投稿日:2017年6月16日 更新日:

髪のまとまりや、保湿力を売りにしているシャンプーは数多く販売されていますが、実際に使ってみると「パサつきが気になる」「ベタつきが気になる」といった使用感に問題があるシャンプーが多くあります。

今回は、そんな保湿シャンプーの中でも使用感に優れたおすすめ製品を紹介したいと思います。

「保湿力で選びたい人のシャンプーおすすめランキング」となっているので、保湿力の高いシャンプー選びで悩んでいる人は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

保湿力で選びたい人のシャンプーおすすめランキング

第 1 位

アマトラ クゥオ ヘアバス es シャンプー

成分評価

保湿シャンプーおすすめランキング第1位は、世界特許技術を採用したサロン専用シャンプー「アマトラ クゥオ ヘアバス es シャンプー」です。

「アマトラシャンプー」の特徴となるのは、シャンプーの基礎となる"洗浄成分"。

「アミノ酸+リンゴ酸」洗浄成分でしっとりと洗い上げる

「アマトラシャンプー」に使われているのはアミノ酸洗浄成分の中でもクオリティの高い「ラウロイルメチルアラニンNa」や、洗いながらダメージ補修をすることができる「ココイル加水分解ケラチンK」、そして、頭皮環境を改善してくれる効果のある「ココイルリンゴアミノ酸Na」。

これらアミノ酸洗浄成分を中心で洗うことで、髪と頭皮のコンディションを使うたびに整えてくれます。

世界特許「ラメラテクノロジー」で洗うたび潤いが増していくシャンプー

「アマトラシャンプー」の最大の特徴とも言えるのが「ラメラテクノロジー」。

髪の表面に肌と同じ"ラメラ構造"を造り出すことで、髪に潤いをキープし、保湿力を格段に高めています。

また、使うたびに"ラメラ構造"は強化されるため、髪のダメージが修復され、まとまりやすいしっとりとした髪へと仕上がるようになります。

さらに、配合されている保湿成分は「水溶性」と「脂溶性」をバランス良く配合。髪の芯まで保湿しながら、水分の蒸発を抑える、まさに理想的な成分バランスとなっています。

個人的な意見になりますが、シャンプーを使う時には"泡パック"を行うとさらに保湿を体感しやすくなるので、是非試してみてください。

 

第 2 位

ハーブガーデンオーガニックシャンプー

ハーブガーデンオーガニックシャンプーの成分解析表

保湿シャンプーランキング第2位は、浸透性保湿成分をたっぷりと配合した人気のオーガニックシャンプー「ハーブガーデンオーガニックシャンプー」です。

浸透保湿「ペリセア」と頭皮環境を整える「フルボ酸」配合

「ハーブガーデンオーガニックシャンプー」は、髪と頭皮の両方に対して高い保湿力を持っています。その成分が下記の2つ。

1. 浸透保湿成分「ペリセア」で髪に潤いをプラス

保湿成分と聞くと「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」などを思い浮かべると思いますが、髪の保湿で最強とされているのがこの「ぺリセア」と呼ばれる成分。

わずか1分程度で髪の内部に浸透することができる成分で、家庭用シャンプーのクオリティを劇的に上げた成分でも知られています。

シャンプーをしながら泡パックを「1分」するだけで、見違えるような潤いのある洗い上がりを手に入れることができます。

2. ミネラル豊富な「フルボ酸」で頭皮環境を改善

「フルボ酸」というのは、「腐植土」と呼ばれる天然の土に含まれている成分から抽出することができる貴重な成分で、非常に高価な成分としても知られています。

この「フルボ酸」には、肌の細胞を活性化させたり、活性酸素の除去、アトピー性皮膚炎の改善といった様々な効果があるのですが、シャンプーに配合することで頭皮の保湿にも高い効果を発揮してくれうようになります。

また、育毛に対しても効果を発揮してくれる成分として知られており、綺麗な髪を育てるにはとても効果的とされています。

保湿力といった目線でも非常におすすめですが、トータルバンスでも非常に優れたシャンプーとなっているので「肌に合わないシャンプーが多い」と悩んでいる人は是非使ってみてください。

 

第 3 位

uruotte / うるおって 天然アミノ酸シャンプー

うるおってシャンプーの成分解析表

ランキング第3位は、99%植物由来成分でできたアミノ酸シャンプー「uruotte」です。

オーガニックホホバオイルで皮脂をコントロール

頭皮の乾燥にとても重要な要素となるのは「皮脂」ですが、頭皮が乾燥しすぎると「皮脂の過剰分泌」によって頭皮が炎症を起こし、痒みやフケの原因となります。

そんな頭皮の乾燥を改善してくれるのが、人の皮脂に非常に近い成分でできている「ホホバオイル」です。

頭皮にビタミンなどの栄養をあたえ、皮脂の代わりをしてくれるので、頭皮環境を改善する効果があります。

皮膚の再生力を向上させる植物エキス配合

「uruotte」には、18種類の植物エキスが配合されているのですが、その中でも注目なのが「オタネニンジンエキス」で、頭皮を活性化させ、皮膚の再生力を高める効果があります。

頭皮のバリア機能を回復させることができるので、皮膚から水分が蒸発するのを防ぐことができます。

全体的に見ると、頭皮を保湿する成分がたっぷりと配合されているシャンプーといった印象なので、髪よりも頭皮の乾燥が気になる人に使って欲しいシャンプーです。

洗浄成分も、非常に低刺激なアミノ酸洗浄成分を使用しているので、敏感肌の人や、すでに頭皮トラブルを抱えている人でも安心して使用することができます。

頭皮の保湿と再生力に非常に優れるシャンプーです。

体験セットなども用意されているので興味のある方は是非チェックしてみてください↓


 

第 4 位

BIHAR ビハール モイストシャンプー

ビハールシャンプーの成分表

第4位は、徹底的に髪のダメージ補修&保湿にこだわったシャンプー「BIHAR ビハール モイストシャンプー」です。

洗浄成分のメインに「ココイル加水分解コラーゲンK」を配合

「ビハール モイストシャンプー」が保湿力に優れている理由は、メインの洗浄成分として配合されている高級洗浄成分「ココイル加水分解コラーゲンK」にあります。

「ココイル加水分解コラーゲンK」は、肌に欠かせない保湿成分「コラーゲン」を基に造られた洗浄成分で、普通に洗うだけで毛髪のダメージを補修&保湿をすることができます。

そのため、パサつきが気になる髪でも、使い続けることで乾燥が改善されていき、潤いのある髪へと変化していきます。

ロングヘアーを目指している人や、毛先の枝毛が気になる人にもおすすめです。

「べジタミド」で髪の表面をケア

そして、もう一つの注目ポイントが「ベジタミド」。

「ベジタミド」というのは簡単に説明すると「タンパク質の集合体」。キューティクルに似ている構造を持っているため、毛髪に吸着し「疑似キューティクル」として働いてくれます。

「ベジタミド」でコーティングされた毛髪は、髪内部の水分が逃げにくくなるため保湿力がアップ。髪のまとまりを手に入れることができます。

極上の「洗浄成分」と、極上の「ダメージ補修成分」を求める人におすすめしたい保湿シャンプーです。

 

第 5 位

アジュバン Re:プラチナムシャンプー

カラーケア保湿シャンプー

第5位は、多くのヘアサロンで使われている人気のシャンプー「アジュバン Re:プラチナムシャンプー」です。

アジュバンシリーズの中でもっとも保湿力の高いタイプのシャンプーで、カラーケアや毛髪の保湿を得意としています。

浸透保湿成分「ぺリセア」配合で髪に潤いを

先ほどの「ハーブガーデンシャンプー」の際に"高い保湿成分"として紹介しましたが、サロン専用シャンプーというこでこちらの「アジュバン Re:プラチナムシャンプー」にも同様に配合されています。

水溶性保湿成分としては最高の成分とされる「ペリセア」を配合することで、髪に内部まで浸透保湿を行うだけではなく、そこへ「加水分解ヒアルロン酸」を加えることでさらに高い保湿効果を実現しています。

ブリーチなどでパサパサになってしまった髪も、内部から保湿することができるので、手触りを改善していくことが可能です。

カラーリングした髪を長持ちさせることが可能

そして、「アジュバン Re:プラチナムシャンプー」のもう一つの特徴がカラーケア効果。

カラーやパーマをした直後は髪がアルカリ性になっているためダメージを受けやすい状態になっていますが、「Re:プラチナムシャンプー」を使用することで素早く弱酸性の状態に戻すことができます。

弱酸性に戻すことによってカラーやパーマを長持ちさせることができるため、美容院代のコストカットにも繋げることができます。

パサつきが深刻な髪のダメージケアや、まとまりやすい髪を求める人におすすめしたい保湿シャンプーとなっています 。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-シャンプーおすすめランキング / 特集, 保湿シャンプー

Copyright© シャンプーライフ | 毎日のヘアケア、たのしく、かわいく。 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.